2011-02-02 20:00 | カテゴリ:グランマの日記
ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:FX、テクニカル分析
はじめまして! グランマです!

皆さんの中にも、馴染みやすい通貨と何故か不得手な通貨とありますか?

私の場合、どうもかみ合わないのが豪ドルなのです。

理由は12年前に遡ります。 

当時私は体調を崩し、冬の間は咳き込みが激しく、
娘達から「長生きして欲しいから、どこか暖かい国に行って欲しい。」と言われ、
冬の三ヶ月間オーストラリアで暮らす週間になっていたのです。

丁度三女が留学していたこともあり、
オーストラリアってどんな国なんだろう?」
と娘と二人で、あるいは一人でかなり積極的に旅行をして回りました。

メルボルン、タスマニアを皮切りに、
カンガルーやエミューが大地を駆け回る大陸を横断して、
野生のイルカが足元までやってくるというモンキーマイヤー、パース。
そして、観光地はもちろんアボリジニーの居住地アリススプリングス、ウルル。
世界遺産の国立公園カカドゥー、ダーウィン。
太平洋戦争の日本人戦没者墓地のあるカウラ、首都キャンベラなど。

そして私の専攻は児童心理ですので、
オーストラリアの幼少教育も見てみたいと、何度か見学もさせてもらいました。

この頃の豪ドル円レートは64~5円
滞在中はその恩恵を受け、随分得をしたような気分でした。

その後健康も回復し、資金を引き揚げようとした時のレートが84~5円
20円の差益で末娘の結婚式をシドニーで挙げ、ハーバークルーズの披露宴もできました。

つまり、私の脳に強くインプットしてしまった豪ドルの為替レートは65円から85円で、
どんなに72円まで下がっても買う気になれず、
これではいけない」と
75円で買い求めても数円で利確。
「これではいけない」と80円台で求めてもまた数円で手放してしまうの繰り返しでした。

最近81円台になってやっと自分をなだめ
値幅が取れればいいのだからと10枚買いました

スワップがたまったら、一枚づつ買い足して行くつもりです。
でも数年後また60円台となり、新たな買い増しができた時、
初めて私は豪ドル買いの再スタートを切った気になれるのかも知れません。

この滞在中のエピソ―ドはまた後日お話しましょう








三京証券小バナー
カネツ記事用バナー
1.gifランキングに参加しています。ポチっとお願いいたします。"hachi5.gif
人気ブログランキングへ


拍手ボタンでコメントしていただけます!ぜひボタンを押してみてくださいネ!!
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://yukikofanclub.blog136.fc2.com/tb.php/85-5857b72b