2014-06-16 20:00 | カテゴリ:謙(けん)の日記
今回はマニラについてレポートしますね。


謙はフィリピンに行ったことがなかったので、

攻めの姿勢よりはディフェンス的でした。

楽しみです。


最初に感じたことは、謙が考えていたより、安全だ。

まずは最低限の注意をすればよいと思いました。

夜に、危険な場所へは出歩かない」ということです。



マニラは、エネルギッシュです。

どこへ行っても人であふれています。

特に外国人とみるとどこからともなく物売りが、

集まってきて、商魂たくましいという感じです。



謙の今回の目的は2つです。

1つは、投資用不動産をみること。

もう一つは、カジノでモンテカルロ法という方法を試すことでした。



特に、池辺先生のご配慮で、カジノに行くことができ感謝しています。



モンテカルロ法について少し書かせていただきますね。

昨年2013年秋に、謙が相場のシステム売買法を研究していたときに、

コーヒーブレイク、はし休め的に出てきた方法でした。

謙はカジノ、競輪、競馬、パチンコなどいわゆるギャンブルといわれるものには全く興味がありません、

それは、勝てるとは思えないからです。


しかし、この方法には惹かれました。というのは、

確率50パーセントの掛率のゲームであれば必ず勝てるからです。

謙は実験しました、コインを投げあげて、表裏がでる確率を利用して、

約300回繰り返してみたところ、結果的に必ず勝てる方法でした。

モンテカルロ法の由来は、モンテカルロにあったカジノを一晩で追い込んだ強烈な方法だそうです。

別名「1,2,3法」と呼ばれています。


謙は、興奮しました、どこかのカジノで実際に試してみたくてしょうがありませんでした。


ということで、今回実現したのでした。

もしカジノで勝てて、ご一緒した方々に少しでもお裾分けができれば謙にとって最高
にうれしいことです。



話を元に戻しますね。フィリピンのカジノは、世界で現在4位にあります。

1位はマカオ、2位がシンガポール、3位がラスベガスだそうですが、今後2018年には世界第2位になると聞きました。

今回、メンバーと一緒に行ったカジノは、ホテルやレストランとカジノが一緒になっているマニラ湾沿エリアの、

SOLAIRE」というところです。


入り口には沖縄のシーサーのような狛犬のような巨大な置物がありましたので中国系資本だとわかります。

近隣には大型ショッピングモール(MALL OF ASIA)も建っています。



モンテカルロ法の結果は、すでにこの方法は、世界中に知れ渡っていることから、カジノ側の対策もしっかりとられていることがわかりました。

このシステム売買法は、過去の物であることがわかって、残念でしたが、謙は、この方法を実践で試すことができてとても満足しています。

池辺先生とメンバーの皆さんに感謝しています。



そんな中びっくりしたことがありました。

メンバーのMさんが、ためしにゲームをやっていたときのこと。


池辺先生が知らない人の後ろでみていましたら、その方が大当たりし出したのです。

「えー」、謙と京都のNさんは、顔を見合わせました。


池辺先生は、やはりお金を引き寄せる不思議な力がある。」と感じます。

謙はすかさず池辺先生にお願いをしました。


先生、メンバーのMさんの後ろに立ってみていてください

先生も、「あ、そうか」といってMさんの後ろに立ってくださったのですが、

ほんの数秒もしないうちです。


Mさんのゲーム機が大当たりし始めたのです

びっくりです。

不思議ですね。


大喜びで、Mさんとみんなでその後ゲーム機を前にして記念写真を撮りましたよ。

また、マレーシアに続いて、Mさんにご馳走をしていただきました。

「Mさん、いつもありがとうございます。」


ということで、マニラのレポートでした。

謙が今回大変に惹かれたシステム売買法の特徴を簡単にまとめます。


これは少額の金額を、時間をかけれ売買をくりかえすことで、最終的には、巨額の利益を得られるコンセプトというか、システムにあります。

感情に影響されないで決まったことを繰り返すことによって、巨額の利益を生み出すシステムに、強く惹かれます。


マニラの不動産投資について次回レポートいたしますね(^o^)



51BMRGUXEHL__SL500_AA300_.jpg
救う力 人のために、自分のために、いまあなたができること
¥1,512/廣済堂出版(2014/5/21日発売)






1.gifランキングに参加しています。ポチっとお願いいたします。"hachi5.gif
人気ブログランキングへ


拍手ボタンでコメントしていただけます!ぜひボタンを押してみてくださいネ!!
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://yukikofanclub.blog136.fc2.com/tb.php/262-e1b2e7ee