-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-19 20:00 | カテゴリ:美恵子の日記
ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:FX(外国為替証拠金取引)
37.gif

皆様こんにちは。
私は雪子先生のおそばでお話を聞かせていただいて、何度か繰り返し伺う、そのお言葉から先生の相場に対する独特な考え方を肌身で感じることがあります。

それは相場に対することで最も大切な要素である「相場心理」心の持ちようについてです。

まず、先生は、ファンクラブメンバーに聞かれてお答えになる、

を感じたことがない」ということ。
もう一つは「ほかの方々は、トレードの出口が大切というけれども、入口さえしっかりしていれば、多かれ少なかれ利益はとれる。私はトレードの入り口のほうが大切だと思う。

この2つのお言葉で、わたしは思いました。

雪子先生はお金の変動による欲と恐怖に振り回されるかたではないと。

先生が「壁を感じたことがない」とおっしゃるのは、例えば1億の壁と、よく言われるものについてです。

資産が増えるにしたがって、欲と恐怖の感情が湧いてきて、どうしてもある金額が壁となって、それ以上はなかなか資産が増えていかないというものです。
               
先生にとって壁がないというのは、資金管理を淡々と守っていればまったく問題にはならないということです
先生は常々トレードするときの資金は、証拠金ベースの3分の1を当てそれ以上は使わない、ポジサイズ大の場合は、必ずST(ストップロス)の設定ということを徹底するようにご指導されています
                                         
スキャルトレードならいざ知らず、主婦ならではの相場に張り付きではないスイングでの方法としては、月足から週足、日足と順番にテクニカルをみて、買いのテクニカルのサインのほうが多く出ているのならば、多少下がったとしてもそのまま保持している、というものです。

一瞬比較的大きな下落があったとしても、(1例としてのやりかたとして)日柄での判断などで耐えることです。

私が先生から教えていただいた、「こういう下落(上昇)があったら危ない(すごく下(上)がる)」という要件は「月足で移動平均線まとめてクロスが出る」という要件です。

移動平均線まとめてクロスについては先生の著作FX勝利の神髄に詳しく書かれていますのでご参照ください。





そういうわけで雪子先生は人生で今までFXでは2回しかロスカットをしたことがない、ということになるわけです


また2つ目のお言葉、トレードの入り口が大切ということ

トレードの入り口さえ正解であるならば多かれ少なかれ利益はとれるというものです。
多くの方はそうは思わないというのは、利益確定をした後、「ああ、もっと値幅があったのに」と、焦る気持ちから、売買ポイントでないところで取引してしまい結果として損をしてしまうケースが多いということだと思います

これは個人個人の心理的側面が大きな要因となっていることについての話だと思います。

多くても少なくても、利益が取れればそれで満足です、ありがとう。という、雪子先生のお気持ちが透けて見えます。
FXトレーダー育成教材+DVD & 池辺雪子 著書に、値幅観測論…ここまで動くという波動(リズム)のとらえかたを説明解説しています。

おそばで接さなければ、このように大切な相場心理について学ぶ機会はあり得ませんでした
また、大きなレバレッジでなくても、雪子先生のように大きな金額を獲得することも可能なのです。
それを目の当たりにして、我々ファンクラブのメンバーは、安心して、トレードができる、相場の勉強ができる、ということにつながっていると思います。









三京証券小バナー
カネツ記事用バナー
1.gifランキングに参加しています。ポチっとお願いいたします。"hachi5.gif
人気ブログランキングへ


拍手ボタンでコメントしていただけます!ぜひボタンを押してみてくださいネ!!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。