2011-05-07 20:00 | カテゴリ:南條 孝の日記
ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:投資が大好き
久々の登場の南条です。

私事ですが、体調を崩して、しばらく入院しておりました。

前回も書いたのですが、日にちも経っており、新しいファン倶楽部に

入会されたかたも多いので、

」のことを2回のシリーズに分けて書こうとおもいます。

第一回目は、24から28歳くらいまでに、手形の割引で儲けたお金を

「金」(インゴッド現物)を沢山購入したお話です。


私の知人の政治家が私に会わせたい人物がいるので、ぜひ、会ってくれ、ということで

紹介されたのが、株の相場師(仕手)、吉野ダラーの総帥の 辰巳 旭 さんでした。

彼は、奈良の吉野杉を扱っている。大金持ちのお金をまとめて(大和ハウス等)、

株の世界で仕手をやっていました。

結構、お金に関しては詳しくて、私に、南君これからは「金」だよ

と話されました。

当時は、世間のことはあまりわからず、本業の倉庫業(後日、商品相場に入るきっかけに

なった)鉄鋼業、手形割引、くらいしか世の中のことを知りませんでした。

素直な私は、「金」を買おうと思いました。

ところが、どこで「金」のインゴッドを買えばいいのか、見たこともない物でした。

まず、高島屋の宝飾品売り場で訪ねてやっと、1KG買いました(70万円です)

当時はお金が儲かって余っていましたから、デパートではいつも1KG、70万

ずつかっていましたが、これでは、時間がかかってしょうがない、ということで、

商社の非鉄金属部に買付にゆきました。

最初は70万円/1KGでしたが「金」の解禁で急騰し1KG110万~120万円

になりました。

辰巳 旭さんのおっしゃったことはこのことか、とおもいました。



結構なキロ数を買って、これは、なかったものにしようと、裏庭に埋めました

「金」の価格もみずに何年も放置しました。

あるとき、値段を知ってびっくりしました。

250万円/1kGもしているではありませんか。

倍以上になったのだから1KGずつ売り上がってゆこう、ときめて裏庭から

「金」を掘り出しました。

1gにつき200円から300円上昇したら売るときめて、上がるごとに、田中貴金属へ

1KGずつ売りにゆきました。

自分で売れたので高い値段は1KG/500万円でした。

後、香港にゴルフをしに遊びに行っているときには、確か1KG/600万円以上

の値段がついたと思うのですが、現物を田中貴金属にもってゆかなければ換金できない

ので悔しい思いをしました。



今、現在も金が上がっているのですが、アメリカで最高値をつけているのですが

残念ながら、円高・ドル安なので日本の「金」価格は高値をつけません



次回は、私が2度目の「金」を購入して、今、現在、売り上がっていますので、その時の

「金」の仕入れた経緯、「金」の買い方などを、お話しましょう。








三京証券小バナー
カネツ記事用バナー
1.gifランキングに参加しています。ポチっとお願いいたします。"hachi5.gif
人気ブログランキングへ


拍手ボタンでコメントしていただけます!ぜひボタンを押してみてくださいネ!!
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://yukikofanclub.blog136.fc2.com/tb.php/187-22b442cf