2010-12-12 20:00 | カテゴリ:美恵子の日記
ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:FX(外国為替証拠金取引)
37.gif


ブログをご覧の皆様こんにちは。

町はクリスマス一色ですね。子供とクリスマスパーティするのが今から楽しみです!

さて、この前雪子先生のセミナーの内容の記事を書きましたら私の相場の勉強友達が大変参考になったと感想を寄せてくれました。

それが、友人は、いろいろなサイクル理論を検討していて、なかなか当てはまらない、

どうしたらよいだろうと一人で悩んでいたようです。

私がセミナーで勉強してきた「大きなサイクルが小さなサイクルを引きずる」「必ず長い時間軸から見るように」という文で、いろいろ悩んでいたことが腑に落ちたそうです

それで次の先生のセミナーには一緒に行こうねということになりました。

本にはいろいろ書いているけれども、勉強している身としては経験豊富な先生の「口伝」というものが必要ではないでしょうか?

私は先生のおそばでお話を聞かせていただき、たくさんの口伝をいただきました

今日はその一つをご紹介します。

皆様ダイバージェンスというテクニカル用語をご存知かと思います。

例えば価格は下がり続けているのに、ストキャスティクスやRSIなどのオシレーターは反対に上昇する現象です。

逆行現象と言われており、これが発生すると相場は反転が近いとみることができるのです

ドル円の日足チャートの1部ですが、大底付近で、やはり出ていました。



わたしはファンクラブ掲示板である日、ダイバージェンスでもだましがあるのではないか、と書き込みをしました。

すると雪子先生が、「ダイバージェンスのだましは確率的に20回に1回です」と答えてくださいました。

雪子先生膨大な過去のチャートを研究されていて、こういう風に確率の数字で答えてくださることがあります。

一目均衡表の一目山人や柴田罫線の柴田秋豊氏が、膨大なチャートを研究したという話は有名ですが、雪子先生のお話の片鱗から、私の脳裏でこれらの相場師と雪子先生の姿がオーバーラップしたものです。

自分でもちろん研究していかないといけませんが、信頼できる先生に教えを乞うというのは、私は必要なことだと考えています。
kyouzai_banner.gif












三京証券小バナー
カネツ記事用バナー
1.gifランキングに参加しています。ポチっとお願いいたします。"hachi5.gif
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト