-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-28 20:00 | カテゴリ:南條 孝の日記
ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:マネー
南條です

今回は、IT産業急成長で、

数学力が世界一のインドへの投資の為に

調査したことを話します。

インドは温度は、40℃~45℃位で暑い。

でも湿度が低いので汗をかいてもすぐ乾きます。

日陰にはいると心地がよいです。

とにかく、でかい国なので、移動に時間がかかります。

私の友人が、5,6年前に行ったときは、

道路の両側にあまりゴミは無かったそうですが、

今は、道路の両側はゴミがいっぱいでとても汚いです。

それは5,6年の間に、インドの経済が発展してゴミが増えたのでは

と考えられます。

ボロ車や耕耘機が高速道路を走っており、

激しくクラクションを鳴らしまくり、

戦後から昭和45年位の日本のような、やかましさ!

まいった(笑)

私が、行ったところは、ニューデリー、オールドデリー(首都)、

アグラ(前の首都)、ジャイプール と3か所でした。

タージマハールなど世界遺産も沢山みました。

宿泊はマハラジャの宮殿ホテルで庭には、孔雀が放し飼い。


一番、人口の多い都市はムンバイ(ボンベイ)1600万人、

次は東海岸の都市(?)で1500万人

デリーは1400万人と人口の急爆発がおこり、

13億人の人が、うじゃうじゃいます。

電気も半分くらいしか通じてなくて、夜は都市以外は真っ暗です。

カラオケやスナック、バーなどもなく、

彼らはやることは、せっせと、子作りだけ(笑)

どんどん、人口が増えて行きます。


あまりにも人間が多くて、事故などで人が死んでもあまり気にならないようです。

列車やバスの窓や屋根には沢山の人間が乗り、

食事も三食、カレーで手で食べています。

トイレも紙がありません。

手でふきます。


インドの問題点は

第一には、宗教の問題です。

国の8割は、ヒンズー教徒、1割はイスラム教徒、0.3%はキリスト教徒、0.2%が仏教徒

あとは、その他の宗教徒。

全員、狂信的な信者です。

そして、現世で良い行いをすれば、

来世は上のランクに生まれ変わると信じています

第二は、カースト制度です。

第一階級、第二階級、第3階級、第4階級、と大きくわかれます。

一生、身分は変わりません。

また、第一階級の中に、80もの段階があり、

第二階級には、500の段階、第3階級の中に2000の段階、

第4の階級の中に5000もの段階があるという感じです。

結婚は、同じランクの身分同士しか結婚できず

すべて、お見合い(親の決めた)です。

また、女の娘を持つ親は、結婚さすにあたって、

持参金や贈り物などで、莫大な出費。

結婚式では、一族郎党を招待し、少さい家で80人位、

大きい家の結婚式では、2万人もの身内、

親戚を招待して、何日も飲み食いや踊りを催し、財産を食いつぶしてしまいます。

最近の問題は、お腹の中にいるときに、

男か女かがわかるので、女の場合は、堕胎する親もいるみたいで、

最近の男女に比率は、男10:女8と非常にいびつな男女構成になり、

将来が心配されています。

また、文盲率は、義務教育がないため、なんと、3割なんです

IT関係が強い、といっても、

その人たちは、海外で仕事をしても、必ずインドに戻ってきて

インドの人と結婚するのです。


また、そういう仕事につくことができるのは

カーストの第二階級以上の人たちだけです。

第一階級の人たちは、僧侶とか教師などの人たちなのですから。

また、インド人の代名詞のターバンを巻いている人は、

戦士であった一部の種族の第二階級の連中だけで、

彼らは働き者で、海外にでて仕事をしているから目立ったのです。

まあ、ゼロ、○ を発明したのは、インド人ですから、

数字に強いのは確かです。

と、言うわけで、私はBRICSのインドへの投資は、

まだまだ早いと思います


次回は、商品相場などの裏方のお話でもしてみましょう。












1.gifランキングに参加しています。ポチっとお願いいたします。"hachi5.gif
人気ブログランキングへ


拍手ボタンでコメントしていただけます!ぜひボタンを押してみてくださいネ!!
スポンサーサイト
2012-04-17 20:00 | カテゴリ:南條 孝の日記
ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:投資日記
さて、南條 孝は、BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国)の国々の急成長を勉強すべく

池辺先生のように直接、その国へ出かけ、自分の目で見て、投資をしています


過去には(30年くらい前)には、中国の北方の瀋陽市から要請をうけ、

ビデオ工場(その頃はビデオの機器は最新で、一番難しい心臓部のドラムは中国では、

とても創ることができず
、日本企業の誘致に懸命でした)

を作るべく北京経由でJALのファーストクラスで訪中しました。


ファーストは、他のお客はいなくて、南條ただ一人で、

スチューワデスさんは私専用で、

まるで、銀座のホステスのような接客でもてなしてくれました。

おまけに、彼女の電話番号のメモも頂き、モテモテでした(笑)


瀋陽はマイナス20℃の極寒の地です。

まず、広大な工業団地をみて政府の高官に昼食をごちそうになりました。


夜は南條が昼食の御馳走のお礼に、中国のお役人達を接待しました。

大きな中華料理店ビルのお店で、

南條は正面にすわり、その横には、共産党の偉い方が座りました。


しかし、大勢の中国人が招待もしていないのに

(中国人は、こういう機会には、
一族郎党、親戚の端々まで押しかけてくるのです。)


やがて、中華料理で高級三大珍味の一つ「熊の手」を、

まず、私に運ばれ、一口だけ食しました。


ゴムの塊を食べているような感じです。


その後、中国で一番高くて度数が60°をある、

マオタイ」というお酒を乾杯

(中国では乾杯は飲み干すのが習慣)し、

お酒に火をつけると燃えます。


やがて、大勢の招待客は、順々にならんで私に「マオタイ」を注ぎにくるのです。

全て、一機に飲み干すのです

私は日本人として中国人なんかに負けるものか(笑)

とすべて受けてたちました。


やがて、大宴会が終わり、みんなが南條を一階の玄関まで送ってくれ、

用意された、リムジンに乗って

皆に手をふって車が発車したとたん、南條は気絶してしまいました

気が付いて目が覚めたら、ホテルのベッドのなかでした。


海外で事業や投資をするのは非常に大変です(笑)











1.gifランキングに参加しています。ポチっとお願いいたします。"hachi5.gif
人気ブログランキングへ


拍手ボタンでコメントしていただけます!ぜひボタンを押してみてくださいネ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。