2013-08-20 11:30 | カテゴリ:南條 孝の日記
ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:FX(外国為替証拠金取引)
お久振り、南條です。

ようやく私の会社の決算も無事すみ、

また、筆を執らせて頂きます。



さて、秘密結社の代表格であるフリーメイスンは、ベルリン大学の受験に失敗し失意の

底にいたヤダヤ人のマルクスに目をつけ共産主義の思想・善玉、悪玉論でマルクス主義を

出筆させました。

勿論、資本主義、自由主義に於いてはフリーメイスン達が成功していて問題は、皇帝など

独裁者にはユダヤ人たちは迫害を受けていましたので、共産革命などを大衆を煽動して

独裁者を倒しだしたのです。



もともと、ユダヤの民やフリーメイスンは商売や貿易、金融などに強く、その時々に

ヨーロッパ大陸のどの国にユダヤの民が多く住んだ国がとても栄えたのです。

ユダヤ人がスペイン、ポルトガルに沢山住んでいると、新大陸の発見や大航海時代で

とても栄え、また、ベルギー、オランダに多く住むと、チューリップバブルや

ダイアモンドの加工や取扱い、

イギリスに移ると、産業革命から7つの海を支配するようになり、アメリカ大陸の北部

(後のアメリカ合衆国)など多くの植民地を持つようにいたります。

イギリスのユダヤ人のロスチャイルド(金融王)がハトを使って英国とフランスの戦争の

結果を早く知って大儲けをした、のは有名ですよね。



やがてユダヤ人はどんどん新大陸(アメリカ合衆国の前身)に移住し始めました。

そして、フリーメイスンが中心になって、トーマスジェファーソンに独立宣言を書かせ

初代大統領にワシントンを選出しました。

ご存じのようにアメリカ合衆国は移民の国で人口を増やしてきました。

その人類のるつぼ、と言われるアメリカを上手くまとめて管理しているのがフリーメイソンです。

最後にマンとついているのは、ユダヤ人です

例えば、日本に原爆を落としたトルーマンなど。



またルーズベルト大統領はユダヤ人でユダヤの民からは(シオンのプロトコールに書かれている、

われらの王、)大変期待をされましたのですが、残念ながら違っていました。

彼らの考えはユダヤ人達にとって都合がわるければ、その国の隣の国から戦争を仕掛けさせ、

うまく行かないときは他の国で利害が合わない国に戦争を起こさせる、と言う思想です。

日本が戦争中に○○中将の秘書をしていた女性(○○清子)が私の立場でこんな凄いこと

をもっと知りたいし、記録に残さねばと○○中将と結婚をしてなで入手した情報を戦後、

○○清子女史が書いた本が出版されました。

そこには、上海にあった極東最大の財閥である、サッスーン財閥の地下の会議室で

其処にはフリーメイスンの儀式を行う神聖な場所で、アインシュタイン博士が日本に

行ってきた、そこで世界一、頭のいい学者がやってきたと日本全国で日本人に大歓迎

された、そして私(アインシュタイン)は日本の強いところ、弱点など、すべてを観て

きた、話、そこで日本を占領する会議が行われた。



数年後、日本にB29から焼夷弾(木造住宅)、やがて、原子爆弾が二発も落とされて

しまった。



次回は日本とフリーメイスンとの関係(伊勢神宮のダビデの星の灯篭)や幕末

明治、ゾルゲ事件、江戸、明治、満州、ゾルゲ事件、昭和、戦中、戦後、冷戦、日本のバブル崩壊

リーマンショック、等、トレードの長期的な見方などをユダヤ人とのかかわり合いがあるという事をお話しましょう。
スポンサーサイト
2013-02-18 20:00 | カテゴリ:南條 孝の日記
ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:投資日記
南條です。

今回は、近代社会に歴史において多大な影響を及ぼしている

ユダヤの秘密結社「フリーメイソン(フランス語ではマッソン)」の

生い立ちから結社にいたり、成長をし、やがて世界を動かす程

(エネルギー、金融、マスコミ、穀物、戦争など)の力を持ったかを

年代別に書いてみます。



まず、イスラエルに「ソロモン王、ダビデ王」の下に栄えていた

ユダヤの国が、ローマ帝国に攻め滅ぼされ、ユダヤ人はヨーロッパ各地に

奴隷として連れていかれ、1900年間、ゲットーといういわば江戸の吉原の

ような場所に各国に閉じ込められていました。

夜は、10時にはゲットーに閉じ込められていました。



そのようなユダヤ人に唯一、許された職業は、金貸し、と、お城を作る石工

(英語名はフリーメイソンといいます) 例えばベニスの商人など



そして、ずーと ユダヤの民は1900年間いじめられ苦しんで非ユダヤ人を

うらんできました。



やがて、お城を石工(フリーメイソン)だけがゲットーを出て、各国のお城を

(ヨーロッパのお城は石作り)作りにヨーロッパ各国を行き来できました。



そして、各国から来た石工たちが集い情報交換を繰り返し、やがて

秘密結社をつくるにいたりました(世界征服をめざして)。

そして、彼らは、非ユダヤ人に対して復讐を考えたのです。



だが、ユダヤの人間の人口は1000万~1300万(現在でも)なので

彼らは、ユダヤ人だけでは足りないので有能な他の人物達をも仲間に、

フリーメイソンに入れました。



ユダヤ人は金融業で大成功をしていましたので資金力はたっぷり

ありました。



やがて彼らはフランス革命を大衆を煽動して成功し、ロシア革命、

第二次ロシア革命にも成功しました。そのもとはフランスやロシアの

皇帝(ツアー)のもとでユダヤ人が虐待されていたからなんです。



次回はフリーメイソンの得意の二元論(善玉・悪玉論)や

マルクスの話、ロスチャイルドの話、イギリスの失敗、マスコミの操作、

ヒットラーの行動、アメリカ合衆国、スペイン、ポルトガル、オランダの

チュウリップバブル、日本人のフリーメイソンと会社、

日本とフリーメイソンとの関係、極東のサッスーン財閥、

江戸、明治、満州、ゾルゲ事件、昭和、戦中、戦後、冷戦、日本のバブル崩壊

リーマンショック、等、トレードの長期的な見方などを

ユダヤ人とのかかわり合いがあるという事をお話

しましょう。












1.gifランキングに参加しています。ポチっとお願いいたします。"hachi5.gif
人気ブログランキングへ


拍手ボタンでコメントしていただけます!ぜひボタンを押してみてくださいネ!!